紫外線に対抗する力をつけるため体の内側からもケア

紫外線に対抗する力をつけるため体の内側からもケア

シミ、シワ、たるみ、ニキビ、乾燥など肌トラブルの原因になるのが紫外線です。

 

紫外線は1年中降り注いでいるので、1年中紫外線対策をすることが健康な肌を守るポイントです。日焼け止めや日傘などで対策をしているかもしれませんが、外からのケアだけでなく内からのケアもすることで、より紫外線に対抗する力がつきます。食事で体の内側からもケアしていきましょう。

 

紫外線を浴びると活性酸素が発生します。活性酸素は細胞を傷つけて老化を進行させる物質です。紫外線を浴びた肌では肌を守るためにメラニンが生成されたり、コラーゲンやエラスチンが変性します。その結果、シミやそばかすが増えたり、肌の弾力が低下してシワやたるみなどにつながります。

 

活性酸素から守ってくれるのが、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールといった成分です。これらを積極的に摂って内側から紫外線対策をしていきましょう。
では、具体的にどんな食べもにこれらの成分が含まれているのでしょう。

 

かぼちゃはβカロテンとビタミンEが豊富な食べものです。甘いかぼちゃはお菓子にも利用できて、いろいろな食べ方ができますね。ビタミンEは油と一緒に摂ると吸収がよくなるので、油を使った調理がおすすめです。
トマトの赤い色はリコピンです。夏に旬を迎えるトマトは、自らを守るために抗酸化成分を作りだします。桃太郎のようなピンク色のトマトよりも、赤い色が濃いトマトにリコピンが豊富に含まれています。オリーブオイルで加熱するとトマトのリコピンの吸収がよくなります。

 

ビタミンCが多い食べものというとレモンを思い浮かべるかもしれませんが、レモンは酸っぱくて食べにくいですよね。ビタミンCが多い果物でおすすめはイチゴとキウイです。小さいイチゴ10粒ほどで1日に必要なビタミンCを摂ることができます。キウイにはグリーンとゴールドがありますが、ゴールドの方がややビタミンCが多く含まれています。ビタミンCは熱に弱いので生で食べるのがおすすめです。

 

日焼け止めの塗り過ぎによる問題が心配

 

日焼けしたくないと思って、紫外線対策を講じている人はとても多いです。中でも多くの人が使っているのが日焼け止めですが、塗り過ぎによる問題が心配ではありませんか。ほとんどの人は、むしろ塗る量が少ないです。たっぷり塗らないと紫外線カット効果が発揮されません。だから、ちゃんと塗っているのに日焼けしていると感じている人は、量がまだまだ少ない可能性が高いです。乳液タイプならば500円玉くらいの量を顔に塗ってください。顔が白くなると思って量を少なくしがちですが、じっくりと時間をかけて塗れば白くはなりません。

 

では、500円玉以上にたっぷり塗った場合はどうなるでしょうか。紫外線対策としては、たっぷり塗ったほうが良いのですが、肌への負担が大きくなることも考えたほうが良いでしょう。どうしてもSPFやPAの数値が高いものを選んでいませんか。これらは、数値が大きくなればなるほど肌への負担が大きくなります。数値が大きいほうが日焼けしないと思っている人が多いですが、SPFに関しては数値が大きいほうが効果の時間が長くなるので、肌への負担を考えると数値が高ければいいとは言い切れません。

 

ただでさえ、多くの人がSPFやPAの数値が高いほうが良いと思って選んでおり、肌に負担をかけてしまいがちな日焼け止めを塗り過ぎてしまうと、肌に負担が大きくかかってしまうので、肌の調子が悪くなる恐れがあります。敏感肌やアトピー性皮膚炎の人は、あまり数値が高いものをたっぷり塗り過ぎないほうが良いでしょう。適量を塗らないと効果が期待できませんが、それ以上塗る必要はありません。

 

ただし、汗などで日焼け止めが取れてしまうことはよくあります。取れてしまったら、塗り直したほうが良いです。取れてしまった場所は紫外線対策ができていませんので、部分的に日焼けをすることもあるでしょう。もちろん、塗りムラがあってもそうです。汗が出て、ハンカチなどで拭いた後は、塗り直してください。やはり、適量を塗りましょう。この時も、少なすぎないように気を付けてください。

 

たくさん塗ると問題が生じる恐れが決してないわけではありませんが、最近は肌への負担をできる限り小さくしていますので、少々塗り過ぎたくらいではあまり問題が起こらないので遠慮しないでたっぷり塗ってみてください。ほとんどの人が多すぎると感じるくらいの量を塗ったほうが良いです。白くなったからと言って、ティッシュオフするのではなく、手のひらを使って丁寧に肌になじませ続けてください。そうすると、徐々に白さがなくなっていきます。パパッと塗るのではなく、じっくりと塗ってください。

 

あまり、肌への負担が大きくなることを考えすぎてしまって、日焼け止めの量が少なくなってしまわないように考えたほうが良いでしょう。しかも、2〜3時間おきに塗り直したほうが良いくらいです。もっとたくさん日焼け止めを塗って、しっかりと紫外線を予防しましょう。

 

キミエホワイトプラスの口コミ