乾燥肌を改善するためにはビタミンやミネラルが必要です

乾燥肌を改善するためにはビタミンやミネラルが必要です

化粧品をつけてもすぐに肌が乾燥することがありませんか。乾燥肌は食生活が関係していることがあります。

 

外側からのケアだけでなく、内側からのケアも必要なのです。乾燥肌を改善するためにはビタミンやミネラルが必要です。そのビタミンをミネラルを含む食べものが野菜です。野菜にもいろいろな種類がありますが、具体的にはどのような野菜が乾燥肌改善によいのでしょうか。肌の潤いを保って乾燥を防ぐ栄養素がビタミンAです。

 

βカロテンから体内でビタミンAを作ることもできます。野菜はβカロテンが豊富な食べものです。中でもβカロテンを多く含む野菜は、人参、かぼちゃ、春菊、ほうれん草などです。ビタミンAは脂溶性ビタミンで体内から排泄されにくいため、過剰摂取に気をつける必要があるのですが、βカロテンは必要なだけビタミンAに変換されるので、過剰摂取の心配が少ないです。油と一緒に摂取すると吸収がよくなります。コラーゲンの生成を促す栄養素がビタミンCです。コラーゲンが不足すると肌のハリが低下したり、乾燥しやすくなります。

 

コラーゲンを摂取してもアミノ酸に分解されてしまい、肌のコラーゲンになるとは限りません。そのため、ビタミンCとアミノ酸を摂取してコラーゲン生成を促す方が効果的です。ビタミンCを多く含む野菜は赤ピーマン、パセリ、ブロッコリー、芽キャベツなどです。ビタミンCは熱に弱い性質がありますが、赤ピーマンに含まれるビタミンCは比較的熱に強い性質があります。血流が悪いと肌の生まれ変わりに必要な酸素や栄養が十分に行きわたらず、肌代謝が低下して乾燥します。血行を促す栄養素がビタミンEです。若返りビタミンともいわれていて、アンチエイジングも期待できます。

 

ビタミンEが多い野菜はかぼちゃ、モロヘイヤ、赤ピーマンなどです。ビタミンEは脂溶性ビタミンで油と一緒に摂取すると吸収がよくなります。野菜を食べることは大切ですが野菜はタンパク質が少ないので、乾燥肌の方は野菜と一緒にタンパク質も摂取しましょう。