美肌に憧れたら、今一度生活習慣を見直してみる

美肌に憧れたら、今一度生活習慣を見直してみる

潤っている肌や、ニキビのないツルンとした卵肌をもっている人を見たときに、自然に美人だなぁ〜と思わず目を奪われてしまうことってありますよね。

 

ファッションやメイクに手をかけなくても思わず周りが見とれてしまう、そんな素肌美人に憧れている方も少なくないのではないでしょうか。しかし、女の子がだんだんと女性に変化するにつれてお肌に出てきてしまう老廃物があります。それはニキビです。誰でも1度はニキビがお肌に出てケアに悩んだことがあるのではないでしょうか。今回はこのニキビの原因と対処法を見ていきたいと思います。

 

ニキビの原因はずばり、毛穴のつまりです。毛穴に必要以上の皮脂がたまり、たまった皮脂が排出されないままでいるとニキビになってしまうのです。では、どういうときに皮脂が多く分泌されてしまうのでしょうか。まずはストレスに関係があります。強いストレスをもったり、長くストレスを抱くことで皮脂がたくさん分泌されるのです。

 

次に睡眠不足があげられます。成長期にはホルモンバランスの影響から22時までには眠ったほうがいいことを聞いたことがあるかもしれませんね。睡眠不足は肌の新陳代謝を遅らせます。古い角質が毛穴に残ってしまうので、ニキビになってしまうのです。また偏った食事もニキビを作り出す原因の1つになります。動物性脂肪や糖質を過剰に摂取していたり、ビタミンが不足していてもニキビはできやすくなってしまうのです。

 

では、ニキビを作り出さないためにどうすればいいのでしょうか。それは、皮脂が過剰に分泌されないように注意する必要があるでしょう。つまり、上記の皮脂が多く分泌されてしまう原因である、ストレス、睡眠不足、食事のとり方を見直す必要があるのです。ストレスは、今日のストレス社会ではなかなかなくすことは難しいかもしれません。

 

しかし、気分転換に運動をしたり、友人に話を聞いてもらったり、趣味に打ち込んだり…とストレスを軽減できる方法があるかもしれません。あなたにあったストレス発散方法をみつけてみるとよいでしょう。また就寝は、22時もしくは23時までの間が好ましいでしょう。なぜなら、肌の新陳代謝を促す時間であり、肌が生まれ変わるとされている時間が22時〜2時だからです。

 

成長ホルモンの分泌量のピークが就寝から3時間といわれているので、就寝は22時もしくは23時が好ましいと考えられます。最後に食事のとり方ですが、脂の多いものや甘いものを過剰にとらないようにしましょう。ビタミンB2とB6は、皮膚の炎症を抑え、皮脂分泌をコントロールする働きをします。ビタミンB2には、レバーやウナギ、青ノリ、ワカメなどに多く含まれ、ビタミンB6は、マグロやカツオ、銀杏、ニンニクなどに含まれます。ビタミンB2とビタミンB6は積極的にとるとよいでしょう。

 

ニキビは生活習慣を見直すことで改善されることも少なくありません。もし、ニキビが気になってきたり、美肌に憧れたら、今一度あなたの生活習慣を見直してみるとよいでしょう。